フッ素コーティング、テフロンコーティングのパイオニアであり、
高度なフッ素樹脂加工の技術を持つ、日本フッソテクノコート株式会社。

日本フッソテクノTOP >> 開発・解決事例 >> フィルム関連

フィルム関連(開発・解決事例)

exampleImage一般的なフィルムラミネート加工において、フィルムがロールに付着して破れたり、巻きついたフィルムが焼き付くことも多く、そのために装置停止等のトラブルが多々ありました。
装置の停止は生産効率の低下や生産のコストアップなどが余儀なくされます。
これらの原因は、フィルム圧着の際に加熱されたロールとフィルムが付着し易いのが原因です。

提案

一般的な硬質クロムメッキよりはるかに離型性があり、さらに通常のフッ素樹脂コーティングより表面平滑性が優れる、ラミネートロール専用グレード「NF-015FP」コーティングを開発・提案しました。

極めて優れた離型性と表面平滑性により、付着、巻き付きなどによる装置の停止などのトラブルを解消しました。

当社のフッ素樹脂コーティングを採用する事によって、
①フィルム付着による装置停止などのトラブルが無くなり、生産効率向上を図ることが出来ます。
②通常のコーティング面のようなうねり凹凸が無いため、
 平滑化のためのダミー生産をする必要が無く、生産コストを抑える事が出来ます。
③フィルム付着が起こりにくいため、生産スピードが増します。

exampleImage【実績】
・食品包装パック成型用のシート材
・自動車内装用シート材
・光学関連フィルムシート材

関連Contents

[フッ素コーティングの日本フッソテクノコート株式会社]
〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通2丁目4-8
Tel:072-361-1168 Fax:072-361-1171 Email:info@nf-technocoat.com
©Nippon Fusso Technocoat All rights reserved.

フッ素樹脂コーティングECシリーズタックフリーコーティング積層合板製造
設備紹介開発・解決事例“技術”を支える3つの強み
会社案内グレード一覧納品までの流れQ&Aお問合せ